ペットにも水素水、どう?

これまで水素水が健康や美容に良い効果があることをお話してきました。実は、水素水の効果は人間ばかりではありません。動物にも良い効果があるのです。犬や猫などのペットにも水素水を与えることでも効果があると言われています。今回は、このような水素水のペットへの効果や活用方法についてお話します。

水素水がペットにもたらす効果

水素水には、活性酵素を抑制し、活性酵素が健康な細胞や臓器を攻撃することで起こす老化や病気を防ぐ効果があります。これは動物の場合でも同じです。動物も人間と同じように活性化酵素により老化や病気が発症します。水素水が人間の糖尿病、高血圧、心筋梗塞、動脈硬化に良いように、このような病気の動物にも同じような効果があると言われています。最近では、ペットフートの栄養過多やジャンクフードなどで肥満や運動不足になりがちです。人間だけではなく、ペットも同じようにこのような現代病を抱えています。ペットフードの添加物の化学成分などの影響も活性酵素が増える環境を招きます。そして実際に、ペットに高濃度の水素水を与えたところ、皮膚病やアレルギーなどの症状が緩和したケースなどもあり、獣医のなかでも水素水を動物の病気治療に取り入れらこともあります。

ペットへの水素水の活用方法

ペットに水素水を与える場合、通常の水素水をそのまま摂取することでも十分な効果があります。水素水は、水素を見ずに溶かしたもので副作用の心配はなく、これは動物の場合でも同じです。猫や犬などペットが直接飲んでも健康には特に問題ありません。最近は、ペット用の水素水なども販売されていますのでそちらも活用できます。もう一つの活用方法は、水素水でのシャンプーや入浴です。これは人間と同じように皮膚病の治療や毛ツヤが良くなる効果もあります。皮膚や体毛を水素水で洗うのは、人間の洗髪や入浴につかうのと同じ効果があります。獣医などの病気治療などでは点滴として使われることもあります。

ペットに水素水を使う時の注意点

水素水は犬や猫にとって有効な作用を起こしてくれる水素水ですが、ペットに水素水を与えるときに注意点としては、ミネラルの量です。ミネラルは通常、動物にとっても大切な栄養素なのですが、リンやカルシウムが豊富に含まれています。そのためもし腎臓が悪い場合、ミネラルを含んだ水はナトリウムが蓄積しやすくなり重篤な症状を引き起こすこともあります。ペット専用の水素水はミネラルが抑えられていますので、このような症状がある場合はペット専用の水素水を使うようにしましょう。